河野担当相、オンライン問診検討求める ワクチン接種時

新型コロナウイルス

坂本純也
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、政府内の調整を担う河野太郎行政改革相は25日の閣議後会見で、接種時の問診について「オンライン、電話の活用も各自治体で検討していただきたい」と述べた。接種会場での医療従事者の不足を補うねらいがある。厚生労働省が近く自治体に通知を出して、周知するという。

 オンライン診療をめぐっては昨年春、新型コロナ対応の特例として解禁されており、ワクチン接種時の問診でも適用される。河野氏はオンライン診療の利用について、「もう1回(自治体に)周知するための通知を厚労省からなるべく早く出したい」と話した。

 具体的には、接種会場に来た人をオンラインで医師が問診することを想定する。河野氏は「お医者さんが現場に足を運ばなくて済むようになり、(医師が)予診に加わる数が増えるのではないかと期待をしている」と語った。

 加藤勝信官房長官も25日午前の記者会見で、「現場でノウハウを広く共有化して、一層の円滑化を図りたい」と、オンラインによる問診の活用に期待感を示した。(坂本純也)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]