【皆既月食@大阪】大阪城や通天閣を背に3年ぶり

白井伸洋
【動画】皆既月食 大阪では
[PR]

 満月が地球の影に隠れ、赤銅色に光る皆既月食が26日夜、全国各地で約3年ぶりに観測される。この日は、最も地球に近づく満月が見られる「スーパームーン」でもある。天候に恵まれれば、いつもより少し大きな赤銅色の月を南東の空に見ることができそうだ。

 皆既月食大阪市中心部でも観測することができ、大阪城通天閣の背後に月が徐々にかけていき、やがて鈍く赤銅色に光る天体ショーが見られそうだ。

 国立天文台のホームページによると、近畿各地の月の出は午後6時50分過ぎ。月の一部が地球の影に隠れる部分食が始まった状態で東南東の空に昇る。月が地球の影にすべて隠れる皆既食は、午後8時9分ごろに始まり、午後8時28分ごろに終わる。このとき、月は南東の空の高さ約15度の位置にある。南東の方角に開けた、低い空を見ると見つけやすい。(白井伸洋)