神戸市、ワクチン215回分廃棄へ 保冷庫プラグ抜ける

新型コロナウイルス

鈴木春香
[PR]

 神戸市は24日、新型コロナウイルスワクチンを保管していた保冷庫の電源プラグが抜けていたため、215回分が使えなくなり、廃棄することになったと発表した。

 市によると、23日午後7時半ごろ、神戸市兵庫区の集団接種会場で、保冷庫の電源プラグが抜けていることに市職員が気付いた。本来は2~8度で管理するが、保冷庫内は21度になっていたという。そばにあるテーブルの脚がコードに引っかかるなどしてプラグが緩んだ可能性があるという。

 神戸市では12日にも、温度管理の不備で960回分のワクチンが使えなくなったことが発表された。(鈴木春香)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]