豪州ソフト選手団、6月1日入国で調整 五輪事前合宿へ

長田寿夫
[PR]

 東京オリンピックに出場を予定している女子ソフトボールオーストラリア選手団が6月1日に入国し、ホストタウンとなっている群馬県太田市で事前キャンプを行う方向で最終調整していることがわかった。内閣官房によると、大会延期後、五輪本番に向けた海外選手団の入国は初めてとみられる。

 市によると、入国するのは選手や監督、コーチら約30人。大会直前の7月中旬まで約1カ月半、市内のホテルに滞在し、日本の実業団チームとの練習試合などを予定している。

 選手団の全員が新型コロナウイルスのワクチンを接種しており、PCR検査は出国時に2回と入国時の空港で実施される。キャンプ中も毎日、PCR検査が義務づけられているという。

 市では選手団によるソフトボール教室など、子どもたちとの交流行事を計画していたが、コロナ禍ですべてとりやめとなった。

 コロナ禍で6月下旬への延期も一時検討されたが、再び軌道修正された。豪チーム側は6月中の早期の入国を希望していたという。(長田寿夫)