自民・佐藤氏「ダメにするならどしどし」 議員の接種も

新型コロナウイルス

中田絢子
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、自民党佐藤勉総務会長は25日の記者会見で、各地で余ったワクチンの取り扱いについて、優先順位を弾力化して接種を進めるのが望ましいとの考えを示した。「ダメにするんだったら、年齢に関わらずどしどし打って(接種を)促進をするというのが正しい考えではないか」と述べた。

 医療従事者や高齢者への優先接種が行われる中で、自治体が余ったワクチンを廃棄したり、首長らが先駆けて接種したりして批判を浴びるケースが起きている。佐藤氏は、政府や経済界で検討が進む職場での接種に関連し、「大事な議論をしている国会(議員)が打っていないということ自体、危機管理上おかしい」「世論が『打ったらおかしい』ということが怖くて、国会議員が打てないのはおかしい」などとも指摘。国会議員も職場で早期に接種できるようにすべきだとの考えを強調した。中田絢子

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]