和音の感じ方が違うのはなぜ?耳のつくり、経験や文化…

有料会員記事

写真・図版
[PR]

「和音の感じ方が違うのはなぜ?」

山梨県・依田直樹二さん(70)からの質問

ののちゃんのDo科学

ののちゃんは、朝日新聞に連載されている漫画の主人公で、小学3年生。学級担任の藤原先生を相手に、身の回りの不思議を質問します。聞いてほしい疑問はこちらへ。<br>science@asahi.comメールする

 ののちゃん ♪ララ、ラララ~。

 藤原先生 あら、楽しそうね。合唱の帰り?

 のの うん。合唱ってむずかしい。友達と音がずれると、ぐわんぐわんって聞こえて気持ち悪い。

 先生 それは「うなり」といって、耳のつくりに関係があるのよ。

 のの 耳のつくり?

 先生 うん。音のもとは空気のふるえなの。耳の奥に蝸牛といううずまき状のものがあって、空気のふるえがその中の基底膜という膜をふるわせ、それが神経を通じて脳につたわり、音が鳴っていると感じるの。

 のの 耳の中のかたつむりだ。

 先生 そう。高い音ほど入り…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。