世界初の「全樹脂電池」工場、福井県に 三洋化成系

有料会員記事

田中奏子
[PR]

 三洋化成工業京都市)の関連会社APBは25日、次世代電池「全樹脂電池」の世界初の量産工場を、福井県越前市に開いた。ほぼ樹脂でできており、金属を使う従来のリチウムイオン電池に比べ、低コストで大容量、発火の危険が少なく、形も加工しやすいという。当面は太陽光発電などでの使用を想定している。

 開所式で三洋化成の安藤孝夫社長は「安全で安く、究極の電池だ」と語り、APBの堀江英明代表は「電池は金属でなければならないという概念を根底から一変させたと思っている」と胸を張った。10月には本格的な量産を始め、5~6年後に売上高900億円を目指す。

 従来のリチウムイオン電池は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。