26日夜から九州で激しい雨 気象庁が警戒呼びかけ

[PR]

 梅雨前線上に発生した低気圧が通過する影響で、九州北部では26日夜から27日午前中にかけて、局地的に雷を伴い非常に激しい雨が降るおそれがある。気象庁が注意を呼びかけている。

 福岡管区気象台によると、低気圧や前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、九州の西側を中心に大雨となる見込み。26日に予想される1時間降水量は、多いところで長崎県で50ミリ。27日午後6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多いところで熊本県で200~300ミリ、福岡、佐賀、長崎、大分の各県で100~200ミリ。ピークは27日未明から朝の見込み。九州南部・奄美地方では、27日正午までの24時間に100~200ミリが予想されている。

 気象庁は最新の情報に注意し、低い土地の浸水や河川の氾濫(はんらん)、突風などに警戒するよう呼びかけている。