口と鼻に粘着テープ、殺人事件と断定 熊本の元町議死亡

長妻昭明、屋代良樹
[PR]

 熊本市南区の住宅で元城南町議の農業中村尊徳(たかのり)さん(74)が両手足を縛られて死亡していた事件で、中村さんは口と鼻を粘着テープで塞がれた状態で見つかったことが捜査関係者への取材でわかった。県警は現場の状況などから殺人事件と断定。25日、熊本南署に120人態勢の捜査本部を設けた。

 県警によると、中村さんは24日午前6時15分ごろ、両手足をひものようなもので縛られ、寝室の床に倒れていた。司法解剖で死因は窒息死と判明。死亡推定時刻は24日午前0時以降とみられるという。

 捜査関係者によると、中村さんは部屋着姿で、口と鼻を粘着テープで塞がれており、寝室のタンスなどに物色された跡があった。現金などの盗難は確認されていない。妻は23日午後9時ごろに中村さんと会話しており、県警は朝までの間に何者かが侵入し、室内で殺害したとみている。

 24日には、自宅から約4キロ離れた熊本県宇土市内で、中村さんの軽トラックが鍵が付いた状態で見つかった。23日までは自宅にあったといい、県警は事件との関連を調べている。(長妻昭明、屋代良樹)