DMG森精機が音楽家支援会社 社長はピアニスト反田氏

有料会員記事

今泉奏
[PR]

 工作機械大手のDMG森精機は25日、オーケストラを運営する株式会社「Japan National Orchestra(JNO)」を立ち上げたと発表した。気鋭の若手ピアニスト反田恭平氏(26)が社長に就き、音楽家の活動を幅広く支援する。

 JNOは、DMG森精機が関わる「森記念製造技術研究財団」と、反田氏が代表の会社「NEXUS」が共同で出資。反田氏を含め20代を中心としたソリスト18人で構成している。

 主な活動は、①定期公演やソリスト個人の演奏会などを年間50公演②音源制作と配信③音楽サロンでのファンとの交流や演奏指導だ。2030年をめどに、若手を育成する音楽アカデミーを立ち上げる計画もあるという。反田氏は25日の記者会見で「音楽に没頭し、人生を捧げたい人を集め、活動の場をつくる。メンバーと一緒に成長していきたい」と語った。

 3年後にはメンバーを2倍に…

この記事は有料会員記事です。残り364文字有料会員になると続きをお読みいただけます。