EU「国家によるハイジャック」 ベラルーシ間空路遮断

有料会員記事

ブリュッセル=青田秀樹、モスクワ=喜田尚 聞き手・小早川遥平 友田雄大
[PR]

 ベラルーシ当局が領空を通過中の民間機を緊急着陸させ、反体制派ジャーナリストを拘束した問題で、欧州連合(EU)は24日、同国の航空会社にEU域内での発着と上空通過を禁じる方針を決めた。EU空域からベラルーシを閉め出すほか、加盟国の航空会社にも同国上空を飛ばないよう求める。一般乗客を巻き込んだ強引な手法を「国家によるハイジャック」と激しく非難。ルカシェンコ政権に対し強い制裁措置を打ち出した。

 24日の首脳会議で全会一致で決めた。

 EUの大統領にあたるミシェル首脳会議常任議長は記者会見で一連の事態について、「衝撃的で、決して受け入れられない。国際的な安全保障上の脅威だ。市民の命をロシアンルーレットでもてあそぶような試みは許されない」と批判した。

 今回、EU加盟国が即座に強い対抗策で一致できたのは、ルカシェンコ氏の反政権派弾圧がベラルーシ国内の問題にとどまらず、EU市民の安全にも危険をもたらす段階に達したと認識したからだ。

 緊急着陸させられたアイルランドのライアンエア機は23日、18カ国の約120人を乗せてギリシャからリトアニアへ向かった。ベラルーシは「爆弾が仕掛けられたとの情報がある」と、戦闘機も発進させて航路変更させたが、爆弾は見つからなかった。同国外務省緊急着陸を「国際法に従った」とするが、ライアンエアのオリアリー最高経営責任者(CEO)は24日、メディアに「国家による空の海賊行為だった」と述べた。

制裁は科してきたが…

 EUにとって加盟国を結ぶ民…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。