一時保護の少女と性交やわいせつ容疑 児相職員2人逮捕

小寺陽一郎、土居恭子
[PR]

 神奈川県内の児童相談所(児相)で一時保護された10代の少女と性的な行為をしたとして、県警は26日、同児相職員の八木下海斗容疑者(23)を児童福祉法違反(児童に淫行させる行為)容疑で、別の職員の大野正人容疑者(27)を県青少年保護育成条例違反(わいせつな行為)容疑でそれぞれ逮捕した。2人はいずれもこの児相の職員で、一時保護所で日常の生活指導などを担当していたという。

 発表によると、八木下容疑者は今年4月、横浜市内のホテルで、10代の少女と性交した疑いがある。大野容疑者は昨年10月、同市内の別のホテルで、別の10代の少女の体に触るなどのわいせつな行為をした疑いがある。

 捜査関係者によると、少女2人はこの一時保護所で保護されたことがあった。県警は、両容疑者は保護中に少女らとそれぞれ知り合い、少女らが一時保護所を出た後もSNSなどを通じて連絡をとり、児相の外で会っていたとみている。

 一時保護は、児童福祉法に基づく行政処分。児相は虐待を受けたり家出をしたりした子どもらを児相内などに設置された一時保護所などで保護している。(小寺陽一郎、土居恭子)