潰瘍性大腸炎 進歩する薬 知っておきたい使い方の注意

有料会員記事

瀬川茂子
[PR]

 腸に炎症が起こる難病の潰瘍(かいよう)性大腸炎。患者数は増え続け、2016年の厚生労働省研究班の報告では約22万人。新薬の登場や研究の進歩により治療指針は毎年改訂され、治療の選択肢も増えている。最新の指針では、既存薬の使い方に対する注意も新たに盛り込まれた。

 潰瘍性大腸炎と診断された兵庫県の60代の男性は治療薬をのみ始め、1週間で血便と下痢がかなりおさまった。ところが、その3日後、39度の高熱が出て激しい下痢を起こした。

 潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜に慢性の炎症が起こり、下痢や血便、腹痛が続く。国が指定する難病だ。炎症を抑える基本的な薬が5―アミノサリチル酸(5―ASA)製剤。ただ、この男性のように薬を使い始めて間もなく、薬に対するアレルギーで下痢、発熱、腹痛などが起こることがある。まれな現象と考えられていたが、最近報告が増えているという。

 「病気が急に悪化したのかアレルギーなのか、薬を使い始めたばかりの時期に起こった場合は判断がむずかしい」と大阪医科薬科大の中村志郎専門教授は話す。アレルギーを疑わずに薬を続けて悪化させてしまうケースもある。

 こうした事態を防ぐために、3月末に改訂された厚労省研究班の治療指針では、使い始めにアレルギーを疑う症状があれば、「薬の『中止』を検討する」と盛り込まれた。

 中止後の治療は、作用の異なる別の薬で対応することが多いが、アレルギーがあった薬をごく微量から増やす、別の種類の5―ASA製剤にするなどの選択肢もある。5―ASA製剤の再挑戦については事前のアレルギー検査の必要性も含めて確立していないため指針には盛り込まれていない。

 指針では、5―ASA製剤で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。