漁船とロシアの貨物船が衝突、3人死亡 北海道・紋別沖

【動画】漁船とロシアの貨物船が衝突、3人が死亡した
[PR]

 26日午前6時40分ごろ、北海道紋別市の紋別港の北東約23キロの海上で、紋別漁業協同組合所属の漁船第八北幸丸(9・7トン)と、ロシアの貨物船アムール(662トン)が衝突したと、アムール側の代理店から紋別海上保安部へ連絡があった。第八北幸丸の乗組員5人は救助されたものの、うち3人が死亡した。

 紋別海上保安部などによると、死亡したのは機関長の沼端賢良さん(64)、ともに甲板員の井上征俊さん(37)と今野俊介さん(39)の3人。甲板員の佐藤圭吾さん(36)が軽いけがをしたという。吉岡照由船長(63)にけがはなかった。

 第八北幸丸は転覆し、船底が見える状態で、油が流出しているという。紋別漁協によると、当時は毛ガニ漁をしていたとみられる。

 貨物船はネベリスク船籍で、23人が乗船。ズワイガニを運搬していたという。