五輪是非めぐり党首討論開催へ 2年ぶり、菅首相は初

北見英城
[PR]

 自民党森山裕国会対策委員長立憲民主党安住淳国対委員長が26日午前、国会内で会談し、来月16日までの今国会の会期中に党首討論を開く方向で一致した。党首討論は首相と野党党首による一対一の議論。開かれれば2019年6月以来2年ぶりで、菅義偉首相にとっては初めてとなる。

 東京五輪パラリンピック開催の是非や、政府の新型コロナ対策について議論しようと野党側が開催を提案した。会談を終えた森山氏は記者団に対して「我々としても前向きに考えて検討したい」と話した。

 衆院と参院で交互に開かれる党首討論は、今回は参院の番で、与野党の参院側で日程調整が必要となる。安住氏は記者団に「(開催は6月)9日かと思うが日程は調整する。基本的には開催ということでいい」と述べた。

 野党は党首討論東京五輪開催の是非を争点化したい考えで、菅首相の答弁内容次第では内閣不信任案の提出も視野に入れる。立憲幹部は「五輪開催で突き進む与党と、中止・延期を掲げる野党と。国民に判断してもらえばいい」と意気込んでいる。

 党首討論は00年、国会改革の目玉として英国議会のクエスチョンタイムをモデルに導入された。12年には民主党代表(当時)の野田佳彦首相が野党・自民党安倍晋三総裁に対し「(衆院)解散をしてもいい」と述べ、実際の解散総選挙へとつながった。(北見英城)