新型コロナ「頼みの綱」、高齢者向けワクチン接種本格化

[PR]

 新型コロナウイルス感染拡大を収束させる「頼みの綱」として期待されるワクチン接種。国や各自治体による集団接種もスタートし、高齢者向けの優先接種が本格化している。

 接種は市町村が開設した会場や各病院などで4月から順次始まり、今月24日には国が大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)に開設した「自衛隊大規模接種センター」大阪会場でも接種が始まった。

 政府は7月末までの接種完了を目標に掲げるが、医療従事者や接種会場の確保、殺到する接種希望者への対応やシステム整備など課題も多い。

 順調に接種が進んで、コロナ感染拡大前のような生活が戻るのだろうか。試行錯誤しながら奮闘するそれぞれの現場を見た。