ダンベル投げつけ殺人未遂容疑、男を逮捕 当たらず

[PR]

 自宅の2階からダンベルを落として男性を殺そうとしたとして、大阪府警は26日、大阪市大正区の無職の男(49)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕し、発表した。

 大正署によると、男は26日午後6時半ごろ、近くに住む会社員の男性(27)と口論になり、男性の妻に110番通報された。その後、自宅前の道路にいた男性の頭をめがけ、自宅2階から約3キロのダンベルを投げつけた疑いがある。男性はダンベルをよけ、けがはなかった。

 男は「警察を呼んだから腹が立った」と話し、容疑を認めているという。