静岡市でワクチン集団接種開始

新型コロナウイルス

玉木祥子
[PR]

 静岡市で26日、一般高齢者への新型コロナウイルスワクチンの集団接種が始まった。85歳以上の高齢者から優先して接種がおこなわれ、接種を終えた高齢者からは安堵(あんど)の声がもれた。

 市内に設置されている集団接種会場13カ所のうち、この日接種があったのは6カ所で、予約人数は636人。葵区の城東保健福祉エリアでは受付から出口まで人がすれ違うことがないように人の流れを一方通行にした。医師の問診後、ワクチンを接種し、打ち終わった人は15~30分間、経過観察のために椅子に座って休んでから帰宅した。接種を受けた女性(88)は「早めに打ててよかった。これで安心です」と話した。

 市内13カ所の集団接種会場では、1日あたり合わせて最大1200人の接種が可能という。かかりつけ医などの個別接種は24日から始まっている。担当者は「会場では密にならないように注意しながら運営している。接種を加速度的に進めていきたい」と話していた。

 市は政府が示す「7月末までに高齢者への接種完了」をめざし、接種期間を75~84歳は6月上旬から、65~74歳は6月中旬からとしている。(玉木祥子)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]