「レッドライン越えた」ベラルーシ大統領、欧米に猛反発

有料会員記事

モスクワ=喜田尚
[PR]

 ベラルーシのルカシェンコ大統領は26日、同国当局が領空通過中の民間旅客機を緊急着陸させ、乗っていた反体制派ジャーナリストを拘束した問題で「もはやハイブリッド戦争だ」と述べ、批判する欧米に強い対決姿勢を示した。緊急着陸時に軍が戦闘態勢に入っていたことも明らかにした。

 議会演説を国営ベルタ通信が伝えた。ルカシェンコ氏が23日に起きた緊急着陸と反体制派の拘束に言及したのは初めて。

 緊急着陸したのはアテネからリトアニアの首都ビリニュスに向かっていたライアンエア機。ベラルーシ当局は「爆弾が仕掛けられた情報があった」ことを理由としたが、欧州連合(EU)はジャーナリストの拘束を目的に偽情報で着陸を強いたとみて、EU域内からベラルーシの航空会社を締め出すことを決めた。米国も追加制裁などで同調する構え。ルカシェンコ氏は演説で「彼らはレッドラインを越えた」と猛反発した。

 ベラルーシでは昨年8月の大…

この記事は有料会員記事です。残り551文字有料会員になると続きをお読みいただけます。