冷凍すればサッと便利に アサリとキャベツの炒め蒸し

有料会員記事

小林未来
写真・図版
アサリとキャベツの炒め蒸し=合田昌弘撮影
[PR]

記事の後半で、作り方のポイントを動画でご覧いただけます

ごはんラボ アサリとキャベツの炒め蒸し

 すぐに使える冷凍の食材があれば少量使いたいときにも重宝します。今回紹介する「アサリ」も、あらかじめ砂抜きをしておくことで、スープに副菜に大活躍。いつもの食卓に変化が出て便利です。

 今回は凍らせたアサリをキャベツやスナップエンドウと合わせて炒め蒸しにします。アサリのもともとの塩分を生かし、味付けはシンプルに。酒と水で火を通したら、味加減をみながら塩をひとつまみ。ゴマ油で風味を加えれば、わずか10分ほどで立派なごちそうの完成です。好みでラー油を回しかけてもおいしくいただけます。料理監修の吉田勝彦シェフは、余った貝類は冷凍しておき、まかないなどで使うことが多いそうです。

 アレンジは、ぴりっとした辛さと酸味が絶妙なサンラータン。こちらもアサリと野菜を煮て、調味料を加えるだけ。吉田シェフは「アサリのうまみで味に深みが出ます。簡単ですがとてもおいしく仕上がります」。小林未来

アサリとキャベツの炒め蒸し

材料・2人前 料理監修:吉田勝彦さん(中国家庭料理ジーテン)

□ アサリ(殻付き) 200g

□ キャベツ 180g

□ スナップエンドウ 8本

□ ニンニク(みじん切り) 1片分

□ サラダ油 大さじ1

□ 酒 大さじ1

□ ゴマ油 小さじ1

【作り方】

①【アサリを冷凍】アサリを砂抜きする=下部Topic参照。ざっと洗って水気をふき、そのまま殻ごと冷凍用保存袋に入れ、冷凍庫で冷凍する。

写真・図版
冷凍前(左)と冷凍後(右)=合田昌弘撮影

②【調理】キャベツはザク切り…

この記事は有料会員記事です。残り989文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら