ベトナム代表GK「ラムちゃん」 父のように武者修行

有料会員記事

高岡佐也子
[PR]

FI 高みを目指すため、海を渡った。バレエダンサーだった父のように――。

 サッカーJ1セレッソ大阪に今季、ベトナム代表GKのダン・バン・ラム(27)が新加入した。公式戦の出場はまだないが、日本での鍛錬の成果を、これから始まるベトナム代表での活動や、国際試合の舞台で発揮しようと意気込んでいる。

 ロシア系ベトナム人の父とロシア人の母のもと、ロシアで生まれた。ロシア名は「レフ」。旧ソ連の伝説的GKレフ・ヤシンとは無関係だが、小学生からサッカーを始め、14歳からヤシンが活躍したクラブ「ディナモ・モスクワ」の育成組織に所属した縁がある。

 ロシアではプロ契約に至らず、18歳で父のルーツがあるベトナムに活躍の場を移した。ほどなくベトナムのU19(19歳以下)代表に選ばれた。

 2019年にフル代表の正GKとして出場したアジアカップで日本と対戦。再三シュートを浴びながらゴールを守った。敗れたものの、失点はPKによる1点だけだった。

 そんな活躍も評価され、タイ…

この記事は有料会員記事です。残り896文字有料会員になると続きをお読みいただけます。