球速130キロ台で低迷も泰然 ロッテ唐川の復活のわけ

有料会員記事

坂名信行
[PR]

 プロ野球ロッテの右腕、唐川侑己(ゆうき)(31)が復活の道を進んでいる。2015年に130キロ台まで落ち込んだ球速は今、140キロ台中盤まで回復し、緊迫した終盤を任される中継ぎエースになった。昨季は防御率1点台で13年ぶりのリーグ2位に貢献、今季も好投を続けている。かつて「高校ビッグ3」の一人と騒がれた男は不振にあえいだ時期でも自分を見失わず、懸命に理想を追い求めてきた。

 「どん底だとは思っていなかったですよ」

 柔和な笑みを浮かべ、不調だった時期を唐川はさらりと振り返った。

 千葉・成田高時代に甲子園出…

この記事は有料会員記事です。残り1343文字有料会員になると続きをお読みいただけます。