識者「中国に厳しい姿勢アピール」 米政権で流出説再燃

有料会員記事

ワシントン=合田禄
[PR]

 新型コロナウイルスの起源について、バイデン政権が26日、情報機関に中国の研究所からのウイルス流出説も含めた調査を求めたことで、米中関係の緊張がさらに高まる可能性がある。米中関係の専門家でハワイの研究機関「イースト・ウェスト・センター」のデニー・ロイ上級研究員は「米中関係にさらなるダメージを与え、関係を悪化させるだろう」と指摘している。

 新型コロナウイルスが中国の武漢ウイルス研究所から流出したという説は、トランプ前大統領が繰り返し主張していた。バイデン大統領がこの説をいま取り上げた理由について、ロイ氏は米国世論の関心の高まりを挙げる。

 米紙ウォールストリート・ジ…

この記事は有料会員記事です。残り703文字有料会員になると続きをお読みいただけます。