議員のワクチン接種「銀座に行くためと言われないよう」

[PR]

自民党伊吹文明・元衆院議長(発言録)

 (新型コロナウイルスのワクチンを国会議員も早期に接種できるようにすべきだと佐藤勉総務会長が発言したことについて)法律を通したり予算を通したり、いろんなことをしなくちゃいけないのは国会議員。だから、私は佐藤さんが言ったのは正論だと思う。思うけれども、銀座に行くために予防注射したのか、って言われるようなことをしていたら、あの正論は通らない。だから一人一人がしっかり気をつけて。国会議員だけではなく、市町村長や知事、あるいは厚生労働省でもこのコロナの仕事を担当しているラインの中にいる人は(打つべきだ)。特別扱いじゃなく、この人たちが発症したら、実は国民全体の対策がえらいことになってしまうんだから。(27日、二階派の総会で)