強盗殺人容疑で再逮捕 現金も奪う? 神戸トランク遺体

[PR]

 神戸市北区の畑で今月5日、横転した乗用車のトランクからコンビニ店長森下浩さん(62)=同区=の遺体が見つかった事件で、兵庫県警は27日、死体遺棄容疑で逮捕していた同店員の男(27)=同=を強盗殺人の疑いで再逮捕し、発表した。

 男は「弁護士が来るまで何も言いません。黙秘します」と供述しているという。県警は、刑事責任能力の有無を慎重に調べるとして実名を公表していない。

 捜査1課によると、男は5月5日午後6時すぎ、北区山田町福地にある寺の駐車場で、森下さんの顔や手首、足首に粘着テープを巻き付けて車のトランクに押し込み、現金13万円と車を奪ったうえで殺害した疑いがある。

 森下さんは口や鼻をふさがれた状態で見つかっており、窒息死させられたと同課はみている。

 車は、現場から数百メートル離れた道路脇の畑に転落した状態で見つかった。森下さんはこの日午後5時15分ごろに職場のコンビニ店を出て、店外にいた男とともに車で寺の駐車場に行ったことが、ドライブレコーダーや防犯カメラの解析で判明したという。男はこの日、勤務ではなかったという。