デジタル教科書、不安点も 文科相「前のめりではない」

有料会員記事

伊藤和行、編集委員・増谷文生
[PR]

 デジタル教科書について萩生田光一文部科学相が朝日新聞のインタビューで、当面は全面移行しない考えを明らかにした。「2024年度に本格導入」という目標を掲げたが、子どもの健康や学習効果などを不安視する声が強く出ていることに配慮し、慎重に進める姿勢を示した形だ。

 「文科省が前のめりだと思われているが、そうではない。恐れをもって前に進もうと呼びかけてきたつもりだ」。萩生田氏はインタビューで、こう強調した。

 昨年6月、文科省はデジタル教科書を検討する有識者会議を設け、小学校の教科書が次に改訂される24年度に向け、導入のあり方を議論してきた。コロナ禍で、小中学生に1人1台の情報端末を整備する構想が前倒しとなり、菅政権のデジタル化推進もあって本格導入に期待する声もあった。

 ただ、有識者会議が3月にま…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。