LGBT法、慎重な自民に「口だけかよ!」立憲・安住氏

[PR]

立憲民主党安住淳国会対策委員長(発言録)

 自民党森山裕国会対策委員長との会談で、LGBT関連法(LGBTなど性的少数者をめぐる「理解増進」法案)は現時点でどうなっているのか問うた。国会が残り3週間を切るので、出さないとまずいのではないかと。残念ながら、「党内調整に時間がかかっている。日程的には非常に厳しい」ということだ。

写真・図版
自民党のLGBT法案をめぐる対応を批判する立憲民主党の安住淳国会対策委員長=5月27日、国会内、北見英城撮影

 自民党内で議論がまとまらず、今国会への提出が難しくなったという認識だと思った。大変残念だ。せっかく(与野党で)いい議論をしてまとまりつつあったが、自民党内が旧態依然としたなかで、法案を今国会に出せない状況になっているようだ。

 言いたくないが、本当に口だけかよ! 五輪をむりやりやろうという国が、LGBTの法案はつくらないと言っている。私はあきれている。(27日、国会内で記者団に)