西武ベンチ入り19人で広島戦 源田が新型コロナ陽性 

[PR]

 プロ野球西武は27日、源田壮亮(そうすけ)内野手(28)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。源田は27日の広島戦(マツダスタジアム)のベンチ入りから外れた。

 球団によると、源田は27日に37・5度の発熱があった。球団は独自に、佐野泰雄、ニールの両投手、柘植世那捕手、金子侑司、木村文紀、愛斗、熊代聖人の4外野手に濃厚接触の疑いがあったと判断、源田とあわせ計8選手をこの日のメンバーから外し、ベンチ入り19人で試合に臨んだ。

 先発予定だったニール投手に代わってダーモディ投手が先発した。スタッフ1人も濃厚接触の疑いがあるという。球団はこの日の試合前、遠征に帯同している監督や選手、スタッフにPCR検査を実施した。

 源田は交流戦開幕前日の24日に広島市内の宿舎に移動。広島の選手に複数の新型コロナ陽性者が出たため、試合が延期となった25、26両日はマツダスタジアムでチームの全体練習に参加した。26日までは体調に異常は無かったという。