ワクチン接種すれば1億円、アメリカで最初の当選者誕生

新型コロナウイルス

日高奈緒
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチンを接種した住民を対象に、100万ドル(約1億1千万円)が抽選で当たるくじを始めた米中西部オハイオ州で26日、最初の当選者が誕生した。

 同州によると、100万ドルを手にしたのは同州ハミルトン郡在住のアビゲイル・バジェンスクさん。合わせて、ワクチン接種済みの若者向けに州の公立大学の学費と生活費が当たるくじの当選者も発表され、同州デイトン市郊外に住むジョセフ・コステロさんが選ばれた。

 オハイオ州は今月、ワクチンを少なくとも1回接種した18歳以上に100万ドルが、12~17歳は大学の奨学金が当たるくじを始めた。ワクチン接種を促進するねらいで、これまでに18歳以上で約276万人、18歳未満では約10万人が応募しているという。当選者は各くじで5人ずつで、来月にかけて残る当選者も発表される。

 米国ではワクチン接種を促すため独自の特典を用意する州が相次いでいる。ウェストバージニア州は16~35歳の接種者に、100ドル(約1万1千円)相当を配布。メーン州では接種者に狩猟や釣りの免許を交付する。日高奈緒

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]