中国でスパイ罪の豪作家、初公判 大使の傍聴認められず

有料会員記事

北京=高田正幸、アデレード=小暮哲夫
[PR]

 中国で2019年1月に拘束され、スパイ罪で起訴された中国出身のオーストラリア人作家ヤン・ヘンジュン氏の初公判が27日、北京市第2中級人民法院(地裁に相当)で開かれた。中国外務省の趙立堅副報道局長が同日の定例会見で明らかにした。

 趙氏はヤン氏の公判について、「法院が期日を決めて判決を言い渡す」と説明。詳細は明らかにしなかったが、判決は言い渡されなかった模様だ。

 AFP通信などによると、駐中国の豪州大使が傍聴のために法院を訪ねたが、入廷が許されなかった。会見で理由を問われた趙氏は「中国の法律に基づき、国家機密に関わる裁判は公開しない」と語った。

 豪政府はこれまでヤン氏が政…

この記事は有料会員記事です。残り302文字有料会員になると続きをお読みいただけます。