道路使用許可、オンラインで申請可能に 6月から試行

有料会員記事

田内康介
[PR]

 道路使用許可の申請など警察の行政手続きの一部で、6月1日からオンライン化の試行が始まる。申請や届け出のために警察署に行く必要がなくなり、休日も含め24時間、オンラインで手続きできるようになる。警察庁が28日発表した。

 政府が進めるデジタル化の一環で、六つの手続きがオンライン化される。

 電子化の要望が多かった道路使用許可申請のほかには、道路使用許可証の記載事項の変更の届け出▽道路使用許可証の再交付申請▽警備に使う制服の届け出▽制服の変更の届け出▽暴力団による不当要求の被害防止のため民間業者が指定する責任者の届け出が対象。

 新たに開設される「警察行政手続サイト」(https://proc.npa.go.jp/別ウインドウで開きます)で、6月1日午前10時から手続きができるようになる。サイトでは必要事項を入力し、申請書をアップロードする。該当する警察署を選んで送信すると、その警察署に届く。

 警察庁によると、道路使用許可の申請は年間約354万件(2019年度)にのぼる。オンライン申請ができるようになるのは、このうち毎年のように開催する祭りやイベントに伴うもの、道路工事の区間が変わるだけで交通環境はほぼ同じといったケース。

 一方で、新規の工事やイベン…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。