日本の貨物船、外国船と衝突 3人不明 愛媛・今治市沖

【動画】海上保安庁の巡視艇に救助される貨物船の乗組員=今治海上保安部提供
[PR]

 愛媛県今治市の今治海上保安部によると、27日午後11時55分ごろ、「今治市沖の来島海峡西口で外国船と日本船が接触した」と第6管区海上保安本部広島市)に通報があった。

 同保安部によると、マーシャル諸島船籍のケミカル船ウルサン・パイオニア(2696トン、13人乗り組み)と日本の貨物船・白虎(1万1454トン、12人乗り組み)が今治市沖の来島海峡で衝突し、白虎が28日午前2時43分に沈没した。白虎の日本人乗組員のうち9人が救助されたが、3人の行方が分かっていないという。同保安部が巡視艇3隻を出して乗組員の捜索救助活動にあたっている。

 ウルサン・パイオニアは25日に中国を出港し、28日午後2時に大阪港に入港予定。白虎は27日午後4時半に神戸港を出港し、28日午前5時半に福岡県の苅田港に入港予定だった。