米、WHO報告書「不十分」 コロナ起源の再調査求める

有料会員記事新型コロナウイルス

ローマ=大室一也
[PR]

 新型コロナウイルスの起源について、ジュネーブの米国代表部は27日、世界保健機関(WHO)に再調査を求める声明を発表した。中国・武漢の研究所を現地調査したWHOの専門家チームが3月に出した報告書は「不十分で確定的ではない」と指摘した。

 ウイルスの起源をめぐっては、バイデン米大統領が26日、中国の研究所から流出した可能性に言及し、米情報機関に追加調査を指示。「各国と協力し、中国に透明性がある国際調査に参加するよう働きかけ続ける」としていた。

 声明では、WHOの調査に中国も加わり、早期に透明性を持って、証拠に基づき、専門家主導の調査を実施するよう要望。独立した専門家が調査をするために、完全な元データへの十分なアクセスや検体の提供などが決定的に重要だとした。

米情報機関で分かれる2つの見解

 米政府によると、米情報機関…

この記事は有料会員記事です。残り305文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]