わいろ、夜の接待…報告書が明かした五輪競技元会長の姿

有料会員記事

ロンドン=遠田寛生
[PR]

 この話はノンフィクションである。

 1月末に公表された報告書は、映画で見るような夜の接待に加え、数々の不正を明らかにしている。

 これまでも、数々のスポーツ団体で不祥事が出てきたが、今度の舞台はバイアスロンだ。

 2018年4月にオーストリアとノルウェーの捜査当局がこの問題を捜査していることが明らかになり、国際バイアスロン連合(IBU)も独立第三者委員会に調査を委託した。同委員会は約60人の関係者から話を聞き、7万以上のデータを確認。そして、結論づけた。

 「2008年~18年、IBUの上層部では、組織的な汚職と倫理に反する行為があった」

 220ページの報告書から、不祥事の一部を紹介する。

疑惑①わいろを受け取る

疑惑②13個の時計

疑惑③元会長の横には若い女性の通訳

疑惑④夜の接待

疑惑⑤「狩猟」の旅行

疑惑⑥積極的にロシア開催応援

疑惑⑦違反疑いの選手を出場させた

疑惑⑧気づかないふり

バイアスロン スキーの距離と射撃を組み合わせた競技。北欧の猟師たちが弓を持ち、スキーをはいて野山を駆けめぐっていたものが競技に発展した。1960年のスコーバレーオリンピック(五輪)から正式競技になった。

疑惑①わいろを受け取る

 報告書から見えたのは、IBU幹部とロシアとのずぶずぶの関係だ。幹部とは、元会長のアンデルス・ベッセベルグ氏(ノルウェー)と、元事務総長のニコル・レッシュ氏(ドイツ)。ともに18年に職を離れている。

 1回につき、20万~30万米ドル(約2200万~3300万円)のわいろがロシア側から渡された。しかも、現金は税関などで調べられないように外交官用のケースに入れられて元会長に手渡されたとみられる。

 モスクワにあったドーピング…

この記事は有料会員記事です。残り2325文字有料会員になると続きをお読みいただけます。