君は飛行機人 滑走路は学校だ 今春開校の北海道大空高

有料会員記事

神村正史
[PR]

 きょうから君は飛行機人(びと)だ――。北海道大空町に今春開校した町立大空高校が元気だ。

 町には、東京や大阪などとつながる女満別空港があり、学校のスローガンは「世界と地域をつなぐ大空で路(みち)を切り拓(ひら)く飛行機人になる」。それぞれの人生航路へ飛び立つための滑走路、それが大空高校だというのだ。

 「飛行機人」という聞き慣れない言葉には、「自ら空に飛び上がる力を持つ人を育む」という意味が込められている。過疎化が進む小さな町が、「新たな発想力で時代を切り拓く人材を育てることが必要だ」(山下英二町長)と高校新設という「無謀ともいえる決断」(同)をしたのだ。

 大空町は2006年、旧女満…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。