コロナ重症化や後遺症にも関係? 悪玉たんぱく質の正体

有料会員記事新型コロナウイルス

編集委員・田村建二
[PR]

 新型コロナウイルスに感染すると、多くの人が軽症ですむ一方で、深刻な肺炎や血栓を起こしてしまう人もいる。なぜ、一部の人で重症化するのか。原因の一つとして疑われているのが、感染した人の体内で自身によくない作用をする「悪玉たんぱく質」だ。

 感染して間もないころは、せきや頭痛、味覚の異常、発熱を感じるなど軽い症状だったのに、数日後、急に呼吸が苦しくなり、X線やコンピューター断層撮影(CT)で肺をみると炎症を示す白い影が映る。さらに、全身の臓器の機能も落ち、肺や脳などの血管がつまる血栓も起きて――。

 新型コロナで重症化する人はこうした経緯をたどることが多いと、近畿中央病院の田中敏郎・副院長(免疫内科)は説明する。

 重症化のリスクといわれる糖尿病や肥満などがなくても、重い症状に見舞われることがある。その要因の一つではないかと考えられているのが、悪玉のたんぱく質の存在だ。

「よい抗体」と「こまった抗体」

 新型コロナに感染すると、体内で「抗体」と呼ばれるたんぱく質ができ、次にウイルスがきても細胞に感染しないようにしてくれる。これはいわば「よい抗体」だ。ワクチンを打つのも、感染する前に同様のよい抗体を体内でつくっておくことが主な目的だ。

 一方、健康を保つための体の機能をじゃましてしまう「こまった抗体」もある。正式には、「自己抗体」と呼ばれている。

 昨年秋、フランスや米国など…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]