LGBT法案、自民は古い闘争に固執 提出断念の裏側

有料会員記事

二階堂友紀
[PR]

 LGBTなど性的少数者をめぐる「理解増進」法案の今国会成立が、困難な情勢となった。性的指向と性自認を理由にした差別は許されないという認識のもと、理解増進を図る。国が基本計画と省庁連絡会議をつくり、施策の実施に努める。当然の内容に自民党から反発が噴き出した。

 政治記者として、2016年…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]