大阪入管で部屋に丸1日閉じ込め、収容者提訴 大阪地裁

米田優人
[PR]

 大阪出入国在留管理局(大阪市)に収容されていた外国人4人が「狭い部屋に丸1日以上閉じ込められて精神的苦痛を受けた」として、国に計約300万円の損害賠償を求め、大阪地裁に提訴した。20日付。

 訴えたのは、ナイジェリアパキスタン、ペルー国籍の男性4人。現在は、一時的に収容が解かれる「仮放免」となり、日本国内で生活している。

 訴状によると、原告4人を含む被収容者17人は2018年6月17日午前11時半ごろ、部屋に集まって施設の医療態勢の改善について議論をしていた。しかし、入管職員から各自の部屋に戻るように指示されても拒んだとして、部屋の外から鍵をかけられ、室内に閉じ込められたという。

 原告側の調べでは、広さ20平方メートルほどの6人部屋とみられる。18日朝には、最大震度6弱を記録した大阪北部地震が起きたが、解放されたのは正午過ぎ。室内のエアコンは使えず、飲料水や薬なども与えられなかったという。原告側は、懲罰目的の不当な監禁であり、違法な公権力の行使にあたると主張している。

 大阪入管は取材に「訴状が届いておらず、コメントを控える」としている。(米田優人)