フジ女性アナの美容室SNS「ステマでないが規則抵触」

[PR]

 フジテレビの複数のアナウンサーが、美容室のSNSに自身の写真を載せることで無料でサービスを受けていたとの週刊誌報道について、フジテレビは28日、「社員就業規則に抵触する行為が認められた」と明らかにした。

 週刊文春は4月、7人の女性アナウンサーが同じ美容室に通い、店のインスタグラムに自らの写真を載せることを認める代わりに無料でサービスを受けていたと報じた。

 これについてフジテレビは「外部の弁護士も入れた詳細なヒアリング調査を実施した結果、社員就業規則に抵触する行為が認められた」とした。さらに「『対価性があるのではと疑われるような行為』については、放送人としての自覚が問われる行動であり、関係者に対し厳正に対応した」とし、写真がSNSに掲載されたことは認めた。

 一方で、広告であることを隠した広告「ステルスマーケティング(ステマ)」に該当する行為はなかったとの見解を示した。しかし関わったアナウンサーの人数や無料サービスの有無、就業規則にどう抵触したのかなどについては「回答を控える」としている。