米軍流れ弾、「故意確認できず」 沖縄県警、書類を送付

国吉美香
[PR]

 沖縄県名護市数久田(すくた)の農作業小屋で2018年に米軍の流れ弾が見つかった事案で、県議らの告発を受理し、殺人未遂と器物損壊容疑で捜査していた県警は28日、告発事実を認めるのは困難と結論づけたと発表した。同日、那覇地検に書類を送り、事実上捜査を終結した。容疑者の特定には至らなかったが、米軍から捜査に必要な協力は得られたと県警は説明している。

 県警によると、18年6月21日、小屋の所有者が、窓ガラス2枚が割れ、50口径の銃弾(長さ約5センチ、直径約1センチ)1発が落ちているのを発見。小屋がある農園は実弾演習が行われている米海兵隊キャンプ・シュワブに隣接しており、県警の照会に対して米軍は「規則を守らず不十分な手順で発射した銃弾」と回答した。

 県警は、現場の状況や米軍の説明を踏まえ、告発状にあるような故意は認められなかったことから、殺人未遂や器物損壊容疑にはあたらないと判断した。(国吉美香)