オスプレイ説明会開催へ調整 漁協が防衛局長謝罪容れる

松岡大将
[PR]

 佐賀空港(佐賀市)への陸上自衛隊オスプレイ配備計画をめぐり、防衛省九州防衛局佐賀県有明海漁協に対し、地権者説明会を6月末~7月初旬の間に開きたいと提案したことが28日、関係者への取材で分かった。防衛省側が約束を破って一部の関係支所に事前説明したため、漁協側は説明会を当面受けない方針だったが、広瀬律子局長の謝罪を受け入れた。

 複数の関係者によると、九州防衛局の広瀬局長と漁協の西久保敏組合長、関係する4支所の幹部、県の担当者らが27日、佐賀市の漁協本所に集まって非公開で話し合った。説明会の日程については、漁協幹部らが集まる総代会がある6月25日以降で、クラゲ漁が始まる前の7月3日までの間に複数回開く方向で調整を進めたという。今後は各支所で検討し、詳細が決まる見込みだ。

 計画をめぐっては、新駐屯地の建設予定地の買収などに関して、予定地に関係する漁協4支所の組合員らを対象にした説明会の開催を漁協側が求め、防衛局は春以降に開くとしていた。だが防衛局は今年3月、多くの地権者がいる南川副支所だけに説明し、他の3支所が反発。広瀬局長は謝罪したが、その後の対応で再び批判を呼び、他の3支所は当面協議に応じない方針を決めていた。

 3支所の関係者の一人は「今までは広瀬局長がこそこそやっていたけど、漁協本所を通してきちんと話があり、謝罪の経緯を踏まえて対応した」と話した。防衛局の担当者は、広瀬局長が27日に話し合いで漁協を訪れたことを認めたが、日程や会場など具体的な調整内容については、「コメントを差し控える」とした。(松岡大将)