自分用のヘッドホンなどに公金400万円超 県職員免職

有料会員記事

佐々木凌
[PR]

 必要のない音響機器などを公金で購入し、私物化していたとして、茨城県は28日、筑西県税事務所主事の男性(22)を同日付で懲戒免職にしたと発表した。男性は事実を認め、「公費に手を出してしまったことは謝っても謝りきれない」と話しているという。

 県によると、男性は県立医療大学で物品発注を担当していた2020年5月~21年3月、ヘッドホン、スピーカーといった音響機器や車の備品など74件、計約430万円分を県費や国の科学研究費補助金科研費)で買い、私的に使っていた。

 納品書の品目をPDF編集ソフトで書き換える▽教員から預かっていた印鑑を使って虚偽の発注書を出すなどの手口で、上司の決裁を通していた。

 また19年度以降、大学名義で購入し、納品されたのに未払いになっていた物品も86件、計約1230万円分あった。私的に使い、転売したものもあるという。

 男性は今年4月に現在の部署に異動したが、机に残されていた未払い物品の請求書に後任者が気付き、発覚した。

 また、県は同日、監督責任を…

この記事は有料会員記事です。残り128文字有料会員になると続きをお読みいただけます。