「命令する前に」宣言延長の愛知 飲食店に要請文書 

有料会員記事新型コロナウイルス

岡本智、大滝哲彰、高木文子、根本晃、近藤郷平
[PR]

 新型コロナウイルス対応の政府の緊急事態宣言が延長されることになり、愛知県は28日、すべての飲食店に求めてきた午後8時までの営業時間短縮(時短)や酒類の提供自粛、百貨店や大規模商業施設への週末の休業要請などを、6月20日まで継続すると発表した。

 さらなる規制強化はしないが、要請に応じない飲食店に命令や罰則(過料)を科す方針は実行に移す。大村秀章知事は当初慎重姿勢だったが、感染拡大が止まらず、19日に方針転換を表明。数十店舗に文書で要請する手続きに入った。応じなければ命令、さらには過料と進める。大村氏は「感染をこれ以上広げないよう踏み切った。命令の前に協力していただけるのが一番ありがたい」と説明した。これ以上は「打つ手がない」(県幹部)のが実情だ。

 感染状況は、名古屋市を対象に「まん延防止等重点措置」が始まった4月20日前後は1日の新規感染者は200人台が多かったが、大型連休から400人前後に急増。緊急事態宣言が出た5月12日には679人の過去最多となり、減少傾向には転じたが、今も400人前後の状態が続く。

 入院も連日1千人を超え、重…

この記事は有料会員記事です。残り1394文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]