40年前のタイムカプセル、連絡求む 多摩ニュータウン

前川浩之
[PR]

 東京都多摩市が、40年前に公園に埋めたタイムカプセルに思い出の品を入れた人を探している。11月の市制50年記念のイベントで一緒に掘り起こしてもらう計画で、当時の記憶と一緒にその品を本人に返したいという。

 市によると、1981年11月3日、多摩ニュータウン開発で整備された永山北公園(同市永山2丁目)にアクリル樹脂製の直径60センチのカプセルを二つ埋めた。市役所に残る記録では、当時市内にあった六つの児童館に通った1歳~小学生の子どもらのべ78人が、写真やビーズの作品、素焼きした手形版などを封入した。カプセルは、腐食を防ぐため厚さ15センチのコンクリート製の円柱形の筒に入れて埋めた。

 その子どもたちは現在41歳~52歳前後。市には当時の名前と住所の記録があるが、阿部裕行市長は「本人も忘れているかもしれず、心あたりのある人は名乗り出て」と話す。

 市は掘り起こし後、新たに子どもたちの品をいれたカプセルを埋め、30年後に取り出す予定だ。埋めた場所に建てる標柱に名前を入れたり、カプセルに記念品を封入できたりする協賛企業も募っている。協賛金は一口5万円。問い合わせは同市企画課(042・338・6813)へ。前川浩之