二階おろしの足音? 安倍前首相らとの間で高まる緊張感

有料会員記事

野平悠一、中田絢子、明楽麻子
[PR]

 自民党総裁任期が迫る中、党内では「次」を見据えた主導権争いがきな臭さを増す。

 21日の自民党本部。60人以上の衆参の国会議員たちの前に陣取ったのは、安倍晋三前首相、麻生太郎副総理兼財務相、甘利明税調会長の3氏。甘利氏が会長を務める党半導体戦略推進議員連盟の初会合だ。

 麻生氏がマイクを握るとこう言った。

 「A(安倍)、A(麻生)、A(甘利)。3人そろえば、なんとなく政局という顔だから……」

 安倍政権下では、安倍氏を中心に麻生、甘利氏と当時官房長官だった菅義偉首相が「3A+S」と呼ばれ、政権の骨格を担った。この日はあいさつの途中、壁に貼られていた菅氏のポスターがはがれ、会場がざわつく場面もあった。

 麻生氏は、「(政局という)期待に外れて、きょうは半導体の話を」と続けたが、額面通りに受け止める向きは少ない。

 この議連には、岸田文雄前政…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。