緊急事態宣言中に都内で盗撮 コロナ対応の県職員を処分

贄川俊
[PR]

 緊急事態宣言中に東京都内に行って盗撮をしていたとして、埼玉県人事課は28日、危機管理課の男性主査(52)を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。主査は、コロナ対策本部会議の運営を手伝う職員だった。

 人事課によると、主査は県や都が緊急事態宣言中だった2月27日夜、派遣型風俗店を使って呼び出した女性を都内のホテルで盗撮したという。女性が盗撮に気づき通報し、警視庁が都迷惑防止条例違反の疑いで主査を逮捕していた。3月29日に不起訴処分(起訴猶予)になったという。

 盗撮には、秋葉原で買ったというUSBメモリーとモバイルバッテリーに似せたビデオカメラ2台を使っていた。自動車の鍵に似せたカメラを使って昨年11月からほかに7回盗撮しており、「ネットに上がっていた盗撮映像をみて、やってしまった」と話しているという。贄川俊