中1長男も殺害しようとした疑い 一家殺傷、男を再逮捕

[PR]

 茨城県境町の住宅で2019年9月、この家に住む夫婦が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件で、県警は29日、埼玉県三郷市の無職岡庭由征(よしゆき)容疑者(26)=殺人容疑で逮捕、処分保留=を子ども2人への殺人未遂と傷害の疑いで再逮捕し、発表した。

 発表によると、岡庭容疑者は19年9月23日午前0時40分ごろ、小林光則さん(当時48)宅2階で、当時中学1年の長男(14)を殺害しようと両足などを刃物で切りつけて重傷を負わせたほか、小学6年だった次女(13)の両手にスプレーのようなものをかけて両手などに軽傷を負わせた疑いがある。県警は認否を明らかにしていない。

 岡庭容疑者は、この直前に廊下を隔てた寝室で小林さんと妻美和さん(当時50)を刃物で刺して殺害したとして、今月7日に殺人容疑で逮捕された。

 水戸地検は29日、殺人容疑については処分保留とした。一連の殺傷事件で起訴の可否を判断するため、再逮捕の容疑と合わせて刑事責任能力を調べる鑑定留置の実施を検討するとみられる。

 捜査関係者によると、岡庭容疑者は夫婦殺害について容疑を否認しており、凶器も見つかっていない。その一方で、現場の状況などから、県警は子ども2人への加害行為にも岡庭容疑者が関わった疑いが強いと判断した。当時1階にいた長女(22)にけがはなかった。

 長男と次女は事件直後、県警に「犯人は自分たちを襲った後にいなくなった」などと証言。県警は夫婦が殺害された直後に、子ども2人が襲われたとみて調べていた。

 県警の説明では、容疑者と一家との接点は確認されていない。捜査関係者によると、容疑者宅から押収したスマートフォンからは、事件前に住宅の周辺を撮影したとみられる動画が見つかっている。また、現場に残されていた足跡と同じ型の靴や、次女にかけられた催涙スプレーと同じ成分を含む熊よけ用のスプレーを容疑者が事件前に購入していたことも判明している。