(魂の中小企業)世界で1年に捨てられる服の量を答えよ

有料会員記事

[PR]

 いきなりですが、問題です。

 世界で1年間に捨てられる服は、何着ぐらいでしょうか?

 1千万着? いえいえ。

 1億着? まだまだ。

 10億着? もっともっと。

 ケタが違います。

    ◇

 世の中から服の廃棄処分をなくしたい。そう考えている会社が、大阪市にあります。

 「ウィファブリック」

 在庫や廃棄処分にする予定の服を、メーカーや小売店など1千を超える業者が供給し、ほしいと思う人に格安で売る。そんなサイト「SMASELL(スマセル)」を運営しています。

 ウィファブリックの売り上げは、売れたときに業者からもらう手数料です。

 つかっている一般個人は7万人を超えます。スマセルに出品されている服は、つねに3万点以上です。

 こんかいの主人公は、2015年にこの会社をつくった福屋剛さん、39歳です。

 福屋は、もちろん、「ふくや」と読みます。インタビューするにつれ、筆者は思いました。ふくや、ふくや、服屋。ファッションの道に進んだのは運命だったんだろうな。

    ◇

 大阪市生まれ。団体行動がで…

この記事は有料会員記事です。残り1968文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載魂の中小企業

この連載の一覧を見る