インド型と英国型の混合変異株か ベトナム、強い感染力

新型コロナウイルス

ハノイ=宋光祐
[PR]

 ベトナムのロン保健相は29日、インド型の新型コロナウイルスの変異株に、英国型に含まれていた変異が加わった新たな変異株が確認されたと明らかにした。現地オンラインメディアのVNエクスプレスが伝えた。

 新種の変異株は複数の感染者の遺伝子解析から見つかった。ロン保健相は新たな変異株について、「これまでの変異株よりも空気中での感染力がはるかに強い」と説明している。

 ベトナムはこれまで世界保健機関(WHO)などからコロナ対策の「成功例」とされてきたが、4月下旬から感染者が急増。日系企業などの製造業の工場が集まる北部バクザン省とバクニン省を中心に感染拡大が続いている。

 29日午後時点の累計感染者数は6713人で、このうち5月に入ってからの感染者は半分以上の約3600人に上る。(ハノイ=宋光祐)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]