秋田竿燈まつり、2年連続の中止 会場変更も感染拡大で

[PR]

 8月3~6日に開催予定だった「秋田竿燈(かんとう)まつり」について、実行委員会は29日、中止を決めた。戦後初の中止だった昨年に続き、2年連続。全国的に新型コロナウイルスの感染拡大が収まっておらず、市民や観光客の安全確保が難しいと判断した。

 青森ねぶた祭仙台七夕まつりとともに東北三大祭りに数えられているが、今年の開催中止を決めたのは竿燈まつりが初めて。

 実行委は4月、会場を従来の竿燈大通りから八橋運動公園(いずれも秋田市)などに変更し、観客数を絞って実施する方針を決定。その後の感染状況を踏まえ、開催の可否を最終判断することにしていた。29日に実行委の総会があり、会長の穂積志・秋田市長は「2年連続での中止は断腸の思い。一番優先すべきは市民、演技者、観光客の安全だと考えた」と話した。

 竿燈まつりは約270年の歴史を持つ国の重要無形民俗文化財。竹ざおに提灯(ちょうちん)をつるした竿燈を実った稲穂に見立て、五穀豊穣(ほうじょう)を祈る。2019年は4日間で約131万人が訪れた。